〜eye wear をファッションの一部へ〜 glasstar(グラスター)セレクトめがね(メガネ)店(三重県松阪市)

●スペックエスパス(  日本)



”spec espace”の(エスパス)とは、フランス語で空間や宇宙などを意味し、その言葉から象徴されるように空間をフレームによって作り出すメガネです。フォルムが自然に顔を包み込み、もう一人の表情を見せてくれるはず。特にサイドからの印象は今までになかったモードかもしれません。

”spec espace”のもう一つのこだわりは純粋でハイクオリティな「日本製」であること。手仕事シリーズはその刻印が示す通り、職人が鑢(やすり)を使い一本一本手作業で仕上げられています。福井県鯖江市東部に位置する河和田地区(旧河和田村)は個人で眼鏡製造業を営む「家内工場」が多く点在し、それぞれの職人たちが完成度の高い眼鏡の製造技術を伝えています。その職人たちが受け継ぐ確かな技法と熟練の技が”spec espace”を支えています。「空間的なフォルム」「モード」「伝統の職人技」。背反しそうなコンセプトを融合し”specb espace”は生まれました。


 
    
    
    

Copyright glasstar 2007