〜eye wear をファッションの一部へ〜 glasstar(グラスター)セレクトめがね(メガネ)店(三重県松阪市)

●オリバーピープルズ(  アメリカ)



オリバーピープルズのストーリーは、ロスアンゼルスの若い3人の経営者のもとに送られてきたひとつの小包から始まりました。

オリバーピープルズの代表、ラリー・レイトと2人のパートナー、ケニー・シュワルツ、デニス・レイトが受け取ったその小包は、ニューヨークのアンティーク業者からのもので、その中には、少なくとも50年以上前に造られたヴィンテージ・フレームが入っていたのです。

それは12カラット・ゴールドに細密な装飾が施されたものなど、誠に素晴らしいヴィンテージフレームでした。

そのパターンの美しさと優雅さ、そして上品な仕上がり。このフレームをみたとき彼らは、自分たちがなにを求めていたのかを知ったのです。

彼らはすぐにニューヨークに飛んでいきました。そして、マンハッタンのとある地下倉庫に50年間放置されていた6つのパッキングと対面します。

そこには1500セットを数える組立前のメガネフレームと、組立工具が一式おさまっていたといいます。それらとともに黄ばんだ一枚のオーダーシートが入っていたのです。

そこには一つの象徴的なサインを見つけます。1927年に書かれたそのサインとは、"オリバーピープルズ"に他なりません。

彼らはそのサインの名前を社名とし、ヴィンテージというテーマをもとにして、短期間で商品コンセプト、ブランド・アイデンティティ、マーチャンダイジングプラン、マーケティング戦略、パブリシティ・プランを組み立て実行していったのです。

そして、1986年11月。ウエスト・ハリウッドのサンセットブルーバードに、オプティカルショップ < オリバーピープルズ・ロスアンゼルス > をオープン。

それから彼らは、彼らのコンセプトを理解し賛同するショップを世界中で徹底的に厳選しました。

それらは、たとえばニーマン・マーカス、バーグドーフ・グッドマン、バーニーズ・ニューヨーク、ヘンリー・ベンデル、マックスフィールドなどといった最高級の小売店ばかりでした。

それから10ヶ月かからず、オリバーピープルズはアメリカを席捲、今では世界60ヶ国以上で販売されています。

●デザイナー ラリー・レイトラリー・レイトのデザインとユニークな哲学はアイウェア業界の流れを変え、世界中のデザイナーに影響を与えました。


 






Copyright glasstar 2007